税理士プロフィール

税理士 大久保 一之 (おおくぼ かずゆき) 

その他の資格 行政書士
生年月日 1959年12月15日
出身 静岡県藤枝市
現住所 静岡県静岡市
家族構成 妻と子供3人の5人家族
出身校 静岡県立藤枝東高等学校
静岡大学
趣味 ロードバイク ・ 低登山
(運動皆無を解消するため)
好きなもの ちょっと前の車
得意なこと 「あれとこれをマッチングさせたら・・・」とか
「別の見方をしたら・・・」とか想像をめぐらすこと

061.JPG

東海税理士会静岡支部所属

登録番号83868号

 

  − 略 歴 − 

      昭和62年  森金三郎公認会計士事務所へ入所 森所長、諸先輩の指導を受け

      平成8年   税理士登録

      平成14年  森金三郎公認会計士事務所の法人化に伴い、社員税理士となる

      平成20年  森金三郎逝去に伴い、大久保一之税理士事務所を開業

      平成21年  大久保一之税理士事務所を法人化し、税理士法人すんぷ会計事務所を設立
               代表社員となる

      平成22年  行政書士登録
              
すんぷ行政書士法人を設立 代表社員となる

      平成24年  社員税理士の独立に伴い、大久保一之税理士事務所を開業する
               社員行政書士の独立に伴い、すんぷ行政書士事務所を開業する

      平成25年  経営革新等支援機関(認定支援機関)登録する

      平成26年  一般社団法人静岡創業支援センターを設立 理事となる

      平成30年  一般社団法人静岡創業支援センターの代表理事となる

税理士という仕事に関して考えていること

 

◯◯先生  

税理士という職業上「先生」という言葉をつけて呼ばれる
ことが多いです。
確かに税務・会計の仕事をしておりますので、関与先の
社長様より税金に関しては詳しいのですが、あることに
関して知識のある方を「先生」と呼ぶのであれば、さまざ
まなお仕事をしている関与先の社長様ひとりひとりがそ
の道のプロですから、社長様もその道の先生となり、
世の中「先生」だらけになってしまいます。

ですから、いつも関与先の経営者、社員の方には「大久
保さん」と呼んでもらうようにお願いしています。また、
「先生」なんて呼ばれていると、まだまだ修行の足りない
自分は「俺は・・・」みたいな妙な勘違いをしかねません。
「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」と言いますが、私は
まだまだ実るほどには至っていないのですから、あらゆ
ることに謙虚に実直に取り組んでいきたいと考えています。
もちろん、他の税理士の方とお話しする時は、敬意を表
して「◯◯先生」とお呼びしていますよ。

 

 


 

親身 ・ 有情  

私は生まれてから学生生活、就職も含めて静岡県で
100%ローカルな「しずおか」な人間です。今でも研修等
で東京に出かけますと、人の多さだけで疲れますし、電
車の路線を間違えないか不安です。
静岡の風土や人は、暖かく、情があり、人がよいとよく
言われます。

変化のスピードが速い現在においては、この静岡の特徴
はあまり良い意味で言われないこともあるかもしれませ
んが、仕事に関しては常に最新の知識等を求めつつも、
ハートは静岡の暖かさを大切にしていきたいと考えてい
ます。

 
 


 

フェアであること  

関与先の皆様へ提案する際には、特定の判断や関係先
にとらわれることなく、幅広い選択肢を提供するように心
掛けています。
判断を迫られている当事者として、経営者の方は時とし
て狭い視野にとらわれてしまうことがあろうかと思います。
さらに物事には長所短所の両面があり、デメリットのな
い絶対的に優れている答えというものは現実にはなかな
かないとも思います。

経営者の方の適切な判断のお役に立つことが、当会計
事務所の役割と考えています。
最終的に決断するのは経営者の方です。当事務所にご
相談する時には、ひょっとすると心の中で結論が出てい
るのかもしれません。
そんなときでも、会計事務所が偏らない選択肢をご提案
し、お応えすることで、経営者の方の考えが整理され、
あるいは決意をより強くされることができるのかもしれま
せん。

 

 


  

いいですよ  

頼まれると「いいですよ」とつい言ってしまいます。
相手は困って私に頼んでいるのだから、断ると相手が困
るのではないかと思い、自分のお手伝い、力ひとつでも
役に立つのであればとお思い、そう言ってしまいます。
頼まれたからには何とかしなければ、やり遂げなければ
と、結構きつい時もあります。
しかし、仕事が終わってしまえば大変な時の苦労もすっ
かり忘れてしまいます。(最近は晩酌をすると他のことも
忘れてしまいますが…。)

相手から「ありがとう」と感謝の言葉をいただくと、やって
よかったと心の底から思います。
振り返ってみますと、本などから勉強したことよりも、
「いいですよ」から始まってこなしてきた仕事が、自分自
身の力になってきたようです。相談されて、ひとつでも、
ちょっとでもお役に立てるようでしたら、これからも「い
いですよ」と返事をするでしょう。
先日、有名な税理士の方が、同じようなことをコラムで書
かれていました。なんだか嬉しくて、これからも頑張ろう
と思いました。

お気軽にお問い合せください
受付時間 9:00 〜 18:00 

054-247-9171