補助金を有効に活用してはいかがでしょうか

 
2015年12月18日に平成27年度補正予算案等が閣議決定し、その概要が公表されました。

その中から皆さんが利用しやすい補助金を厳選して3つご紹介いたします。

 

299398.jpg 

ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金

認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者で次のいずれかに
取組むものであること。「機械」等に限らず、「情報システム」等も対象となります。

  1. 革新的サービス・ものづくり開発支援(補助率2/3)
    (1) 一般型 補助上限額:1,000万円
       中小企業が行うサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な
       設備投資等を支援
    (2) 小規模型 補助上限額:500万円
       小規模な額で行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの
       改善を支援
            
  2. サービス・ものづくり高度生産性向上支援(補助率2/3)
    補助上限額:3,000万円
    IoT等の技術を用いて生産性向上を図る設備投資等を支援

 

299398.jpg

中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業

「長期エネルギー需給見通し」(平成27年7月)における省エネ量の根拠となった産業・業務用の
設備を中心に対象となります。LED照明やエアコン、ボイラ、給湯設備などで省エネタイプへの
設備更新が対象です。

また補助対象者は、全業種、事業活動を営んでいる法人及び個人事業主です。

299398.jpg

小規模事業者支援パッケージ事業

  1. 小規模事業者持続化補助金
    小規模事業者のビジネスプランに基づく経営を推進するため、商工会・商工会議所と
    一体となって経営計画を作成し、販路開拓に取り組む費用を支援。

    また、小規模事業者の経営を筋肉質にして、業務効率化・生産性向上に向けた取組も
    支援の対象。お店のHP作成などあらゆる販促活動が対象です。


       補助率:2/3
       補助上限額:50万円
                100万円(海外展開、雇用対策、買物弱者対策)
                500万円(複数の事業者が連携した共同事業)

    金額は少額ですが、採用予定件数(全国で12,000件)が圧倒的に多い補助金です。
     
  2. アンテナショップ・ECサイト整備事業
  3. 小規模事業者経営力向上支援事業

 

詳細はこれから順次発表されますが、要綱発表から申し込みまでの期間が短いので注意が必要です。
設備更新の検討などさっそく始めて、いまから情報を収集し補助金を有効に活用してはいかがでしょうか。