中小企業の海外展開に関する支援事業について

 

新たな市場を求めて海外展開を考えている中小企業の方は少なくないかと思います。
その海外展開の際に必要とされるF/S(フィージビリティ・スタディ)を中小企業基盤整備機構が支援してくれるのをご存じですか?
 

F/Sとは?

F/S(フィージビリティ・スタディ)とは、新事業への参入、新商品の販売等を検討する際に、その計画した事業等が
実現可能か、実施することで採算がとれるかどうか、などを多角的に調査することをいいます。

 

 

対象者

 輸出から生産拠点の設立までさまざまな海外展開計画を策定し、現地調査を計画している中小企業

 

支援内容

  ● 各社固有の製品・技術・サービス等をもとに海外生産拠点の設立や販売先開拓等の
    市場調査を支援

  ● 現地に精通した中小機構の専門家が、企業の現地調査に同行し、適宜アドバイス

  ● F/S諸経費の2/3を中小機構が負担 ( 1件あたり120万円を上限とする )

 

このF/S支援はかなり人気があるらしく5〜7倍の倍率で、もし採択されなかった場合でも、再度、再々度の応募も可能です。

 
 

 ◆海外進出先

地域別に見ると、アジアが約6割を占めています。
国別で見ると、以前は中国が人気でしたが、現在は
タイ・ベトナム・インドネシアに海外展開する企業が
増えています。

   

 ◆採択された中小企業

規模の小さい企業も多数あります。
資本金でいうと ・・・ 1,000万円ぐらい〜
従業員数でいうと ・・・ 12人ぐらい〜
年商でいうと ・・・ 数億円〜


 

現在は公募を行なっておりませんが、公募開始の際は国際化支援メールマガジン等で知らせてくれるそうです。
詳しくは、中小企業基盤整備機構のWEBサイトをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/index.html